中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 結婚の常識「結納編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

結納の意味

結納は、二人の結婚の意志を公にして、両家の心を交わしあい、結び納める儀式で、正式な婚約の成立を意味します。

結納というと、結納金など、お金を連想しがちですが、本来は、今までに大切にお嬢さんを育てられた女性側のご両親に対する男性側の感謝と誠意の現れとして、数々の品を取り揃え、持参したものです。

起源は、1400年前の仁徳天皇の時代に、皇太子妃に対して贈り物をされたことによると言われています。 その後、小笠原家、伊勢家によって作法が整えられ、現在のような形になったのは室町時代とされています。

神聖な結婚を誓うために、健康や長寿、繁栄などの様々な願いを込めたお祝いの品々を男性側から女性側に贈るという、日本古来の心のこもった美しい伝統儀式です。

※取材協力 福原結納店


日取りの決め方

結婚の意志が固まったらできるだけ早く。日柄の良い大安・友引の午前中に。

結納は、男性側から女性への誠意のしるしですから、二人の結婚の意志が固まったら、なるべく早く行いたい旨を男性側から女性側へ伝えることが肝心です。

挙式日から逆算するのではなく、二人の結婚の意志が固まったら、できるだけ早めに結納を。
日柄は、女性の家の都合を最優先しますが、日柄の良い大安・友引の午前中に行います。

嫁方の自宅でお受けするのが最良です。

結納は、男性側から女性への誠意のしるしですから、二人の結婚の意志が固まったら、なるべく早く行いたい旨を男性側から女性側へ伝えることが肝心です。

挙式日から逆算するのではなく、二人の結婚の意志が固まったら、できるだけ早めに結納を。
日柄は、女性の家の都合を最優先しますが、日柄の良い大安・友引の午前中に行います。


※取材協力 福原結納店

結納時の服装について

本来は、神聖な儀式ですから、正装が基本です。
現在では、女性本人は振り袖、訪問着か付け下げ、または無地のフォーマルワンピース、男性はブラックスーツに、白またはシルバーのネクタイをします。父親や仲人も同様にします。
母親や仲人夫人は色留め袖か一紋の色無地、訪問着、または上質素材のワンピースかスーツにします。
ただし、一番大事なことは、出席者全員の服装がバランスの取れたものであること。全員が納得をしていることです。

お互いが気持ち良く式に臨めるための装いなのですから、そのことを忘れないようにしましょう。