中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 結婚の常識「結納編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

結納の意味

結納品は、昔は現物を持参したものですが、現在では、水引細工をほどこした品々のセットになっています。結納品は、一生に一度のお祝いだから華やかなものをおすすめしますが、住宅事情や遠方へ持参する等を考慮して選びましょう。

結納品は、相手の女性にだけ贈るものではなく、一生懸命育てられたご両親、ご家族への品も入っており、一品一品すべてに意味が込められています。

広島での結納の基本五品

・熨斗(のし) ・寿栄広(すえひろ) ・ 御帯(おんおび)・松魚(かつお)・家内喜多留(やなぎだる)

そのほかの品目を増やす場合は、下記の品目を増やし、七品目、九品目、 十一品目としていきます。

・高砂(たかさご)・子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)・八木(はちぼく[米俵])・宝船(たからぶね)・指輪

※取材協力 福原結納店

五品(御帯・松魚・家内喜多留・寿栄広・熨斗・茂久録)七品(御帯・松魚・家内喜多留・鮎美和・高砂ほか・寿栄広・熨斗・茂久録)

結納品に込められた意味

※取材協力 福原結納店

熨斗(のし)

アワビの肉を延ばしたもの。不老長寿を意味し、昔からおめでたい儀式に添えられます。
熨斗は鶴の水引と共に添えられます。

鶴・・・・・
千年の長寿を祝うと共に、他の鶴とは一緒にならない鶴の節操を夫婦になぞらえたもの。


寿栄広(すえひろ)

末広がりに慶びやめでたさを広げる意味から扇子一対を贈ります。夫婦ともに末永く、幸せにと願って。

亀・・・・・
長寿万年共に急がず休まず末永く、幸せを築けますようにという願い。


御帯(おんおび)

日常、着物を身に着けていた時代では、帯は特別に大切な物であり、帯を結ぶと魂も結ばれると考えられ、結納品の中心でした。
帯は女性の人格を、袴は男性の人格を象徴する特殊な存在とされてきたのです。

現在では、御帯料として、お金を包み、一般的に「結納金」と呼ばれるものと考えていいでしょう。御帯は、松の水引と共に贈られます。
また、福山などの備後地方では、御帯のかわりに御小袖を差し上げ、茂久録にも御袖と書きます。

松・・・・・
松の長寿とみどりのようにいつまでも変わらずに栄えるようにとの願いが込められている。


家内喜多留(やなぎだる)

清酒を入れる柳の樽のこと。家の中に喜びごとが集まり、いつまでも留まっているようにという願い。家内喜多留は、梅の水引と共に贈られます。

梅・・・・・
春に先駆けて、最も早く花が咲き実を結ぶ梅の美しさと忍耐を祝います。


松魚(かつお)

鯛の雌雄一対の事で、おめでたい儀式に用いられる代表的な魚。松魚は、竹の水引と共に贈られます。

亀・・・・・
まっすぐに質実剛健な竹の成長を例えたもの。


高砂(たかさご)

老夫婦の人形です。
松の精とされ、松の木陰を掃き清める姿をしています。いつまでも仲良く添いとげられるようにと、いう意味で贈られます。


寿留女(するめ)

昔からお祝いごとにはつきものの肴です。
噛めば噛むほど味のあるお嫁さんになってほしいという意味もあるそうです。

子生婦(こんぶ)

「よろこぶ」に通じることから、お祝いごとには欠かせない食品です。
文字には子宝に恵まれるように、という願いが込められています。