中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 結婚の常識「結納編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

新郎側で準備するもの

 結納品と茂久録、緋もうせん、広蓋、袱紗
緋もうせん

結納を飾るときに敷くもので、テーブルでも畳でも毛氈をしいたところは床の間と同じ役目をします。結納品と一緒に先方に差し上げるものですから新しいものを用意します。

広蓋、袱紗

男性側は広蓋の中に「茂久録(もくろく)」を置き、袱紗をかけて女性側に納めます。袱紗は「家紋」または「寿」入りで色は鉄(紺)色。

※取材協力 福原結納店


結納品を持参する場合には、結納の品目を書いた送り状である目録(茂久録)を用意します。 品目のほか、日付、相手の名前、差出人の名前を書きます。名前は、本人の名、あるいは○○家、または姓だけであっても良いとされています。直筆が望ましいのですが、現在では、結納専門店やデパートなどで、代筆してくれます。


新婦側で準備するもの

■受書

受書を用意します。 受書は「このご縁をお受けします」という大事な意味がありますので、必ず準備しましょう。

■ふくさ、広蓋
■祝膳、桜茶

結納の儀式後、桜茶やおもてなしの食事も用意します。 両家の今後のおつきあいの門出となる会食ですから、質素でも良いから心を込めて準備しましょう。 おめでたい席では「お茶を濁す」という言葉をイメージさせる煎茶は使わず「桜茶」を用意します。

※取材協力 福原結納店