中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 結婚の常識「結納編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

結納の進め方

結納の儀式には、あいさつの言葉、順番などさまざまなしきたりがあります。 しかし堅苦しく考える必要はありません。
しきたりとは、とどこおりなく儀式をすすめるためものです。

1.結納の飾り付け

通常は床の間に、床の間がない場合は、緋もうせんを敷くことで、その場を床の間(上座)とみなします。 婿方は、結納品を風呂敷で包んだままで部屋に入り、婿方全員で飾り付けます。

2.全員着席

床を中心に上座より
婿方の父、母、本人、下座に嫁方の父、母、本人の順に座る。

3.結納式開式の挨拶
婿方父親

「只今から結納の儀式を始めます」
婿方母親は床の間に飾ってある目録を婿方父親の前に運びます。

4.結納納めのことば
婿方父親

「本日は、お日柄もよろしく誠におめでとうございます。 ご婚約の印として、結納を持参いたしました。
どうか幾久しくめでたく御納めください。」

5.結納目録の授受

婿方父親は目録(白木台に入れた目録を広蓋の中に入れ、袱紗をかけたもの)を嫁方の父親に渡す。

6.目録の確認

嫁方父親、母親、本人
目録上の袱紗を外して上座に広げておき、中身を拝見する。

7.結納お受けの言葉
嫁方父親

「只今は誠に丁寧な御言葉を賜り、また結構な結納をいただきまして、誠にありがとうございました。
幾久しく受納いたします。」

嫁方 母親・本人

「ありがとうございました。」

8.嫁方受書を婿方へ渡す

広蓋から結納の目録を出し、その広蓋の中に準備していた受書を中に入れ袱紗を掛けて渡す。

嫁方父親

「これは受書でございます。幾久しくお納め下さい。」

9.婿方受書受け取りのことば
婿方父親

「ご丁寧にありがとうございました。納めさせていただきます。」

10.婚約指輪の披露

新郎は飾ってある指輪を取り、新婦の指にはめる。

11.結納式閉式の挨拶
婿方父親

「以上をもちまして御結納の儀、めでたく相整いました。本日は誠におめでとうございます。
それでは、若い二人から今の気持ちを一言づつお願い致します。」

12.新郎・新婦のことば

感謝と愛のことば
お互いのご両親や婚約者に対するメッセージを一言づつ述べましょう。



※取材協力 福原結納店

いつまで飾っておくか

納品は、結婚式当日まで床の間に飾っておき、お祝いに訪れた人々へ必ず披露します。
挙式後は、新居に持っていき、水引や高砂は正月飾りや結婚記念日、誕生日などに飾るようにします。
また、結納の水引を組み合わせて特別な羽子板を作り、年中飾る人もいます。
住まいが狭い時には、吉日を選んで縁結びの神社や氏神様に玉串料を添えて奉納します。

※取材協力 福原結納店