中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 結婚の常識「結婚準備編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

引き出物の意味

引き出物は、平安朝の頃、招待したお客様に主人からの贈り物として、馬を庭に引き出して贈ったことに由来します。
後に、馬の代わりに金品を贈るようになり、招待客へのお土産を意味するようになりました。

引き出物のつけ方は、地域によって考え方が異なります。
広島では、夫婦で出席の場合、一個用意するのが一般的ですが、これも、地域によって異なります。両家の考えで、選ぶ品や数が変わる場合は、無理に合わそうとせずに、別々のセットを組むことが多いようです。


引き出物選びのポイント

持ち帰るのに重くないもの、かさばらないもの、日常使えるもの、欲しいものを選べるギフトなどのそれぞれの好みで選べるものも人気です。
相場は3,000〜5,000円くらいが主流のようです。

持ち込みの場合は、持ち込み料が発生する場合が多いので、事前に確認しましょう。


引き出物の熨斗

表書きは「寿」。両家の姓、または新郎新婦の名前のみの連名で。

紅白の結び切りの水引のし紙に、表書きは「寿」と書きます。
名前は両家の姓、または新郎新婦の名前のみの連名にする場合があります。

※結び切り=固い絆で結ばれ、簡単にほどけないことを意味します。


引き菓子の意味

引き菓子とは、祝い事や仏事の時に参加されたお客様に引き物としてお渡しするお菓子のことです。

「引く」という言葉は、「配る」「送る」という意味があります。また、「引く」「長引く」など、これから末永く続けていくイメージを表現した言葉でもあり、縁起の良い言葉とされています。
「しあわせ」「おめでたい」ことを現すお菓子=バームクーヘンや焼き菓子の詰め合わせなどの1,000円〜1,500円のものが人気です。


引き菓子の熨斗

引き菓子の熨斗(のし)は、新郎新婦の連名のみが一般的です。通常は、引き出物は親から、引き菓子は当人から贈るという解釈があるようです。


広島の習慣「新婦からのお土産」

広島独自の習慣として、新婦からのお土産というしきたりがあります。本来は、新郎のご近所へ、あいさつ回りのため花嫁の名前でお土産を配る習慣だったようですが、そのなごりが広島では今も残っています。
しかし、現在では、8割の方が新郎新婦からのお土産としています。