中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 広島の結婚の常識大辞典 > 新郎新婦のための結婚の常識「挙式・披露宴編」

新郎新婦・ご親族・ゲストにお役立ちの常識満載 広島の結婚の常識大辞典

 キリスト教結婚式

近年では、常設のチャペルを持つ式場も増え、キリスト教式の結婚式が増えています。
広島市中区のホテルではチャペル式の結婚式が、約6割を占めているそうです。 また、式場のチャペルではなく、教会で式を挙げる人も増えています。
キリスト教は大別すると、カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)に分かれます。再婚の場合は、カトリックの教会では挙式できないので注意しましょう。


キリスト教結婚式のながれ

キリスト教結婚式の席次例


前奏

新郎新婦の親族、参列者が着席し、式を待ちます。

新郎新婦入場

牧師が結婚式を執行することを告げた後、ウェディングマーチが鳴り響き、新婦(新郎も並んで)入場。入場の方法はいくつかあります。一般的なのは、講壇に向かって右側から、新郎が立証人の夫に付き添われて入場。次に、新婦がエスコート(父親の場合が多い)され、中央を進んでいきます。講壇の前に到着すると、新婦は新郎の左に並びます。

賛美歌

一同、起立したままで祝福の賛美歌を歌います。

聖書朗読・祈祷(きとう)

牧師が結婚に関する聖書の箇所を朗読し、神に祈りを捧げます。

式辞・説教

牧師により、聖書による結婚の意義や夫婦の教えが述べられ、先の朗読の部分から短い説教が行われます。

誓約

牧師が、新郎新婦の順に誓約を求めます。

指輪の交換

牧師があらかじめ預かっていた指輪を聖書の上にのせ、新郎に渡します。新郎はこれを受け取り、新婦の薬指にはめます。次に、新婦も同じように新郎の薬指にはめます。

祈祷・宣言

牧師は二人に握手させ、その上に手を置いて、祝福の祈祷を捧げます。祈祷が終わると、新郎が新婦のベールをあげます。そして、牧師が厳かに、結婚の成立を宣言します。

賛美歌・祝祷(しゅくとう)

一同、起立し賛美歌を歌います。この後、牧師が祝福の祈りを捧げ、一同黙祷します。

新郎新婦退場

ウェディングマーチが鳴り響く中、新郎新婦は腕を組み、中央の通路を通って退場します。