中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > ブライダル相談室 > 新郎新婦のお悩み

ブライダル相談室

新郎新婦のお悩み

姉妹で結婚式が続く場合、間隔をあけるべき?

結婚が決まり、互いの両親への挨拶や両親同士の顔合わせもしました。
しかし、新婦側の妹が半年前に結婚したばかりで、それを理由に新婦の父は 「親戚に立て続けに迷惑をかけられない。金銭的に負担をかけてしまう。」と言って、 結婚の日取りなど具体的な準備の一切について、とりあってくれません。
一般的には、どのくらいの間隔を空ければ、良いものなのでしょうか。

対策とご両家の気持ちを考えて納得のいく日程を。

一般的に・・・というものはありません。
最近、弊社においても、双子の姉妹が1ヶ月の違いで、それぞれが結婚されたばかりです。 他にも、何件が事例はあります。おめでたいことが重なれば、ご親族も嬉しいことでしょう。

ご親族様の出費(特に、遠方での挙式・披露宴にて、交通費や宿泊費がかかる他、ご足労をお願いする負担。) を懸念されているのであれば、
対策として・・・・

●早目からの事前案内
電話などで早期に連絡をとることによって、ご親族も対策を考えられるでしょう。 もし、ご親族のなかにご負担を感じていらっしゃ場合、それなりの回等を検討される時間を与えることにもなります。
●なるべく親族が負担にならない挙式・披露宴会場の選択(交通の便宜等)
●会費制ウェディング


とはいえ、やはりお父様の気持ちも大切です。 今一度、ご両親と話し合う機会を持ち、ご納得され祝福いただける日程を検討してください。
ただし、ご新婦家だけで解決しないで、ご新郎家の都合も考慮をお忘れなく。
二人が挙式を急いでいるのであれば、家族のみで挙式&会食だけとし、改めて披露宴を実施する場合もあります。

(ANAクラウンプラザホテル広島)


TOPに戻る