中国新聞ブライダルドットコム

ちょっと上質な結婚のために。広島のイマドキの結婚情報が満載!

HOME > 特集 > Vol.65:家族を結ぶ「結納のチカラ」

Vol.65:幸せのスタートラインは結納から 家族を結ぶ「結納のチカラ」特集

結納は、新しい家族を築く二人の家同士が最初に絆を結び、生涯を約束する大切なスタートラインです。お互いの親に感謝し、両家のつながりがはじまる大事な儀式です。今一度、結納のもたらすチカラを知っていただきたいと思います。

両家の絆を深め、生涯を約束する。それが結納です。


「結納式」は永遠の愛を誓い、両親に感謝し、両家の絆をしっかりと結ぶ愛と誓いと感謝の儀式です。

昨今では、結婚は当人同士だけのことと勘違いしている人が多いように思えます。そのため、華やかな披露宴だけを重視し、結納の大切さが忘れられているようにも思えます。

結納は、新しい家族を築く二人の家同士が最初に絆を結び、生涯を約束する大切なスタートラインです。お互いの親に感謝し、あたらしい両家のつながりがはじまる大事な儀式なのです。

結婚とは、お互いを尊重し、愛を育み、命をつなぐことです。
その長い道のりは、常に順風満帆ではありません。何か荒波にぶつかった時、お互いの家族や周囲の助けが必要になります。

古くさいと思われがちですが、華やかな披露宴とはちがい、家同士の絆をきちんとした形で結ぶことで、先々で苦難にあった時に、その絆を思い起こし、乗り越えられるのではないでしょうか。


結納では、新しい家族を持つ二人から、ご両親にいつもは言えない感謝を伝えることができます。
一生懸命育てられた娘さんをお嫁にもらうのですから、質素でもきちんとルールにのっとって誠意を表しましょう。
結納式で両家の絆を深め、ご縁を固く結んでから結婚に進みましょう。

結納は、ご両親への感謝と、家族の絆を約束するもの。そして披露宴は、これからいろいろな人の手助けが必要な二人を応援してくださる方達に、これからの二人をよろしくおねがいします・・・という意味の宴なのです。

結納飾りについて

結納というと結納金など、お金を連想しがちですが、そうではありません。本来、今までに大切にお嬢さんを育てられた女性側のご両親に対する男性側の感謝と誠意の現れとして、数々の品を取り揃え、持参したものです。
結納品は、昔は帯や肴などの現物を持参したものですが、現在では、水引細工をほどこした品々のセットになっています。

結納品は、相手の女性にだけ贈るものではなく、一生懸命育てられたご両親、ご家族への品も入っており、一品一品すべてに意味が込められているのです。

結納飾りについて

古の結納飾り(写真提供/福原結納店)

写真左上から

御帯
松魚
家内喜多留
高砂

寿栄広
結美和
熨斗
茂久録

広島での結納の基本五品
・熨斗(のし) ・寿栄広(すえひろ) ・ 御帯(おんおび)・松魚(かつお)・家内喜多留(やなぎだる)

そのほかの品目を増やす場合は、下記の品目を増やし、七品目、九品目、 十一品目としていきます
・高砂(たかさご)・子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)・八木(はちぼく[米俵])・宝船(たからぶね)・指輪

 


結納5点セット



牡丹  基本五点 59,850円(税込)
透明感のある水引きを使った品で、緑の色調がとても美しい。
お嬢様方に人気の品。

 基本五点 50,925円(税込)
どっしり構えた一本松竹梅は、小ぶりながら飾りに高さがあるので豪華な結納品というイメージ。


 基本五点 39,900円(税込) 
気品のある1本松竹梅が乗っている小ぶりな品です。
水引の良さは正月毎に飾っていただくにふさわしいものです。

若竹(新商品)  基本七点 81,900円(税込)



結納相談会開催

随時、結納相談会を開催中です。
広島の結納について、歴史やしきたり、準備の進め方など、わかりやすくお話します。
親子でご一緒に参加されてみてはいかがでしょう。 お電話の上、お気軽にお越しください。

【ご予約・お問い合わせ】福原結納店 Tel. 082-231-1458(水曜日定休)